うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

2月末 疲労大爆発。再び寝たきり生活へ

フリマアプリの作業が多忙を極める。 なろう小説の懸賞応募締切が迫る 疲労が溜まって再びうつ状態へ フリマアプリの作業が多忙を極める。 完全に調子に乗って、いろいろ手を出し過ぎてぶっ倒れました。

特技:私の体調が悪くなると、天候も悪くなることが予想できます。

昨晩は、低気圧の接近にともない体調が悪化して睡眠薬を飲んで21時ころにはベッドインしました。朝までぐっすりと、10時間寝ました。睡眠薬すごい!

平成30年2月7日 診察結果

もう4か月近く前の状況を思い出すのはなかなか難しいです。 おくすり手帳を見ながら、当時のことを思い出して書いてます。

平成最後の父の日ですね。

平成最後の父の日だからという訳ではありませんが、 数年ぶりに父へプレゼントをしました。

平成30年1月24日診察結果

前回の記事でも書いたように不眠というか、眠りが浅くなってしまったので 薬を元に戻してもらいました。再びブロチゾラム0.25mgのお世話になることに なりました。

平成30年1月10日 診察結果

今年、最初の診察でした。 この記事書くにあたって思い出したんですが、 当時は躁状態で朝も早起きしようとしてたんです。 でも早起きすると気持ち悪くて眩暈(めまい)もして大変でした。

休むことも 生きること

最近では、体調も回復してきて読書ができるようになってきました。 なので自分の病気を理解するためにも、うつ病関連の本を テキトーに選んで読むことを始めました。

ADHDなんじゃないかという不安

Twitterを見ているとうつ病と何かしらの精神疾患を併発していることが 多いようなので、心配になって自分もADHDのセルフ検査をオンラインで 簡単に調べてみました。

ギリギリつながり?

先日の記事でKAT-TUNのReal Faceばっかり聴いてると書きましたが それと同じくらいB'sのギリギリchop聴いています(笑) ギリギリつながり??

平成29年12月27日 診察結果

空元気だった12月最後の診察で、ルジオミールを25mgから10mgへ 減らすことになりました。この薬は朝・夕の1日2回服用だったので 1日の摂取量は50mg⇒20mgということになります。

定時に更新したい、低気圧でこの体調だと台風きたらどうなるの?

絶賛スーパー躁状態継続中です。 とにかく朝6時起床をやめたい。だって仕事ないんだから寝てればいいじゃん。

眠れないわけではないけど、夜にまとめて寝たい

こんばんは。 真夜中の更新です。 やりたいことが多すぎて時間が足りません。躁です。

とにかく空元気だった12月

上記の画像のように晴れ晴れとした気分で平成29年の12月は過ごしました。 今、振り返るとタダの躁だったんですけど。。

平成29年12月13日 診察結果

この日の体調は絶好調でした。前回の記事に書いた スーパー躁状態での診察でした。

平成29年12月 スーパー「躁」状態に陥る・・・。

ご無沙汰してました。。 このブログ再開します!! 6月入ってから軽躁状態なのか朝6時頃に目覚めます。 夜中の睡眠時間はおおよそ4~5時間です。

☆6月5日(火)まで更新停止します☆

軽躁状態を自覚しながらもまたも一線を越えてしまいました。 静養の為、このブログの更新はとりあえず6月5日(火)まで停止します。

平成29年11月29日 診察結果

過去の診察結果を振り返ってばかりいて、いつになったら リアルタイム更新ができるのやらとちょっと不安です。 今週からの診察分については当日か翌日には、記事にして下書き保存する 手段を学習しました。5月下旬分からはよりまともな記事になると思います。

平成29年11月15日 診察結果

毎日ブログを更新する宣言をしてから、6日目にして挫折をしてしまいました。

平成29年11月8日 診察結果

週に一度の診察日です。果たして週1回通院することに 意味があったのか今でも疑問のままです。

うつ病になった原因を考えてみた

寝たきりの日々の中で、何故うつ病になったかを考えてみた。 まず環境の変化は間違いなくある。

平成29年11月1日 診察結果

週に1回の診察日です。決まって医師の先生の一言目は 「どうですかな?」 から始まります。 どうもこうも何も感じないよというのが当時の私の正直な 心境でした。絶望も希望もなく虚無が心を支配していました。

傷病手当金制度の利用について

自分の体験を改めて振り返っておきたいので 今回、傷病手当金について語っていきます。 〇傷病手当金制度とは 〇受給までの流れ 〇~追記~ 〇結論:傷病手当金制度は必ず利用すべき doita0705.hatenablog.jp

平成29年10月25日

前回の診察から1週間後の診察です。 体調はあんまり回復している気がしませんでした。 日中活動可能時間が限られているので、その間に何をするかが 重要になってきます。

初リアルタイム更新。明日か5分後に死ぬかもしれないという恐怖

こんにちは。 の時間帯に初めて更新します。 基本的に書き溜めて予約投稿が私のスタイルです。 ですがこの記事はリアルタイムで投稿させていただきます。

自立支援医療制度について

平成29年10月18日の診察から次の診察までの1週間の体調は 大きく変わりませんでした。 1日2~3時間しか活動できないのは相変わらずでした。 とにかく今の薬を服用してると 眠くなる・・・。

平成29年10月18日診察結果

毎週水曜日に病院へ通うのが日課になってきました。 病院までの道のりが通勤ルートと全く一緒なので精神衛生上非常に よろしくなかったです。

傷病手当金制度とは

闘病記として本ブログを更新していく主軸はブレません。 けれど、うつ病って程度にもよりますが、薬飲んで身体を休める のが主な治療になるんですよね。 次の診断までも寝たきりは変わらなかったので、今回は 「傷病手当金制度」 について書いていきます。

平成29年10月11日 診察結果

平成29年10月2日の初診日から9日分の薬を処方されていました。 その薬がなくなる10月11日が3回目の診療日でした。 医師に対して寝たきりという状態と全身の倦怠感をありのまま現状を 伝えました。その話を聞き終わった医師の返事は

うつ病の診断をもらった直後の体験

やった!会社に行かなくていい! そのときの私は浮かれていた。なんせそれまでは土日の公休日にも、 週次報告書の作成や訪問した企業の方からいただいた名刺整理に追われて 完全に休むことができていなかったからです。

平成29年10月4日 診察結果

平成29年の10月4日に再診察でした。 薬を服用して症状が緩和したということはうつ病との 診断が妥当ということで、診断書をいただきました。 会社にうつ病の診断が出たことを報告してからの対応は早かったです。