うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

日本でのうつ病治療の現状

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180621224359j:plain

どうも、doita0705です。

今日の夜には実家のある横浜を出て、愛知へ帰ります。

実家を出て1年になりますが、1年も離れると

愛知に『帰る』という気がします。

 拠点はもう愛知で、実家のある横浜は

出先です。帰る場所ではないんですね。

 

『慣れ』

 

ってこわいですね・・・。

 

さて、今回は日本のうつ病治療の現状について

思うところがあるので書いていきます。

 

 

1.日本のうつ病の治療方法

日本ではうつ病治療において、薬物治療が一般的です。

 理由は多くの書籍や専門家が指摘する通り2つあると

思います。

 

1.1精神科での診療報酬制度の問題

f:id:doita0705:20180610231302j:plain

この診療報酬制度について、ものすごく単純に

説明します。

 

すごくざっくり言うと

5分間の診察でも29分間の診察でも料金は一緒

30分を超えないと料金が変わりません。

 

これは病院側からしたら、短く終わらせたいですよね。

病院もボランティアじゃなくビジネスでやっています。

短時間で終わらせたいと思うのが、自然ではないでしょうか。

 

でも、患者からしたらそんなことは関係ないですよね。

だから形に見える治療として薬を処方しているのです。

これが薬物治療がメインになる理由です。

 

参考元は下記サイトです。

mentalsupli.com

 

 

1.2カウンセリングでは健康保険が適用されない

f:id:doita0705:20180610230227j:plain

このブログをご覧の人は多くがうつ病の患者さんなので

ご存じだと思います。

 

カウンセリングは健康保険が適用されません。

 

そのため1回のカウンセリング治療費用はおおよそ

5,000~10,000円ぐらいします。

 

新型うつ病はカウンセリング治療が有効との見解が

多いので是非とも健康保険が適用される日がくることを

望んでいます。

とくに新型うつ病は物事の捉え方が原因によることが

多いです。そのためカウンセリングを通じて物事の捉え方を

改善していかなければなりません。

 

薬の効果はあまりないので、長くカウンセリングによって

治していかなければならないと私は感じております。

 

長い治療=お金がかかる

 

これがしんどいですよね。。。

経済的負担が大きいのが、最大のデメリットです。

しかし、カウンセリングは時間を長くかけて診察を

してくれるのが大きな魅力です。

 

過労が原因ではなく、精神的理由によるうつ病なら

カウンセリングを受けるべきでしょう。

ですが、金銭的事情により受けられない。

 

なにかいい方法ないですかねぇ・・・。

 

良いサービスをご存知でしたら、読者の皆様是非とも教えてください。

 

P.S.

今日は横浜元町中華街にある

ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館

へ行ってきました。

 

www.omoshirosuizokukan.com

 

ものすごい人の数が中華街の中にいました。

しかし、私は体調不良にはなりませんでした。

 

基本的に引きこもりが続いているので

人が多い街中に行くと、ダメかと予想していました。

しかし、良そうに反して実際いってみると大丈夫でした。

 

この前の、保育園のあとの疲労感はなんだったのでしょうか。。。

 

doita0705.hatenablog.jp

 

 大人数の子どもが居る場所がダメ?

という新たな仮説を立てました。

 

今後も自分の体調に気をつけます。