うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

平成29年10月18日 診察結果

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180610230227j:plain

毎週水曜日に病院へ通うのが日課になってきました。

病院までの道のりが通勤ルートと全く一緒なので精神衛生上非常に

よろしくなかったです。

 

1.常につきまとう仕事を休んでいる罪悪感

この時は病気で仕事を休んでいることに罪悪感を

感じ、仕事もせずただ寝たきりの日々を過ごすことに

申し訳なさを感じていました。

自己嫌悪ですね。

 

2.問診内容

診察内容はお医者の先生から

 

「体調は、どうですか?」

 

と尋ねられて

 

「相変わらず、寝たきりの日々です。」

 

と私は答えました。

そうして先生は一言

「分かりました。

この薬のままもう一週間様子を見ましょう。」

で終わり。

今回処方された薬の内容は前回と一緒です。記事下のほうに

処方薬が書いてあります。

doita0705.hatenablog.jp

 

3.時間の使い方に疑問

診察時間は5~10分ほどでした。この後薬局へ行って薬をもらって、帰宅しました。

自宅のある愛知県の田舎から、名古屋の中心部まで片道1時間ぐらいかかっています。

でも診察と薬の処方で名古屋中心部に滞在するのは30分ぐらいです。

 

すごく時間の無駄遣いをしているなと思いますが、

病気だから仕方ないと割り切っていました。