うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

平成30年7月25日診察結果 うつ病である事実を受け入れなさい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180610230227j:plain

どうも、doita0705です。

傘を杖代わりに、病院へ行ってきました。

もう日中に出歩くのがしんどい。

 いきなりですけど診察結果からつらつらと書いていきます。

 

 

f:id:doita0705:20180610232049j:plain

1.日中のしんどさが悪化

最近の過眠傾向の原因として、睡眠薬の量が関係してる

可能性があるため、減薬することになりました。

 

今、処方されている薬の量は決して多くはないと

ご意見を医師よりいただきました。

 

平成30年7月25日からは下記のお薬へと変更になりました。

 

サインバルタカプセル20mg

ジアゼパム錠5mg「アメル」 

1日2回 朝・夕食後

 

ブロチゾラム錠0.25mg[サワイ]

◆一般名:ブロジチゾラム錠0.25mg

リフレックス錠15mg

上記1日1回 就寝前

 

フルニトラゼパム1mgがなくなりました。

 

5月に服用していた内容と同じですね。

 

doita0705.hatenablog.jp

 

これでまた不眠になったら、、、という不安はあります。

 

 

 

2.改めて「うつ病」であることを受け入れろ

f:id:doita0705:20180713080526j:plain

先週から体調が不調なのは間違いなく、救急車での搬送という

ネガティブな事件があったからなのは間違いない。

 

そして、そうなった原因が過労であることを受け入れろと医師より

厳重に注意を受けました。

 

「自分が理想とする体力の限界ラインを高く持ちすぎている。

薬だけでは、アナタのうつ病は良くならない。

理想の限界ラインをしっかりと見極めて、無茶をしないこと。」

 

3.無茶をしないことを知らないワタシ

f:id:doita0705:20180717161737j:plain

常に自分の基準値としては、かなり無茶をしながら

生きてきたつもりの私にとって

 

無茶をしないという選択肢はない。

 

だからまた寝たきりになるまで、動き続けると思います。

そういう生き方しかできないのです。