うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

平成30年5月30日 診察結果

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180610230227j:plain

この記事は診察の翌日に書きました。

 

なので今までの記事より、比較的記憶が新しい状態で書いて

います。なので、今までより詳しく書けていると思います。

 

 1.久しぶりの長時間外出

この日は割と外出している時間が長かったです。

午前11時にはメガネ屋に行って、コンタクトレンズの手続きに

行ってきました。今まではマンスリーコンタクトレンズ

使用していましたが休職してコンタクトレンズを着用する時間が

減ったので、ワンデイのコンタクトレンズへ切り替えました。

12年間お世話になったマンスリーコンタクトを解約してきました。

 

2.一人で外食した

昼時だったので、久しぶりにモスバーガーに入りました。

一人で外食とかいつぶりだろう。。

 

おそらく半年ぶりじゃないかと…

 

仕事を休職してから、基本的に寝たきりで家に引きこもりの生活

だったので半年ぶりの外食だった気がします。

モスバーガーのシャカシャカポテトおいしいけど

シャカシャカしてるときに他の人に見られている気がしたのは

自意識過剰でしょうか。

 

これもうつ病の症状の一種かと疑ってしまいます。

 

3.診察までの時間調整のため図書館へ

診察の時間まで2時間近くあったので、図書館で時間を

潰すことにしました。

ライターの仕事に関係する資料を読んでみたり、

うつ病に関連する本を読んでみたりしました。

 

しかし、30分ぐらいすると気分が悪くなりました。。。

 

休憩室にソファーがあったので、そこで休むことにしました。

ソファーに座って、目を瞑っていたら回復しました。

久しぶりの長時間外出で疲れたのが原因だと思います。

 

4. 2週間に1度の定期診察

診察時間が迫ってきたので病院へ向かいました。

診察開始時間の15分前に着いたのに、すぐ診察室へ案内されました。

初めての体験でした。

 

医師の最初の一言はいつもと違い

「風邪の具合はどうですか?」

から始まったので少し戸惑いました。2週間前に私が風邪だったことを

ちゃんと覚えていてくれたことに感激しました。

 

その後は状況を尋ねられ、「軽躁(そう)」状態の自覚があることを

ハッキリと伝えました。睡眠時間が3~4時間しか取れなくなってしまっている

にも関わらず、日中元気な自分に違和感を感じていたので軽躁と伝えました。

 

前回の診察から、1週間は軽躁状態に気付かず動き回っていました。

前回の診察から8日目にして身体が動かなくなり

 

「また失敗した。。調子に乗って働き過ぎたな。。」

 

と反省しました。それからは動きをセーブしつつ、生活を送るよう注意するように

しました。

 

ライターの仕事とこのブログの更新と、もうひとつブログを運営しているので

ハッキリ言って

 

うつ病の割にオーバーワークです。

 

うつ病の診断が出るまでは、本業とヤフオク出品と

インターネットビジネスの勉強をしていました。

さらに、インターネットビジネスの無料教材を読み漁っていたので

実質毎日の睡眠時間は3~4時間でした。

それでもインターネットビジネスで成功している人は

これぐらいやっていたんだと自分に言い聞かせ頑張り続けました。

 

その結果がうつ病です。

 

うつ病になって学んだことは努力はほどほどに、また適切な方法で行う

ことです。

 

1日でも早く寛解して、またバリバリ働きたいです。