うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

うつ病の診断をもらった直後の体験

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180610230553j:plain

やった!明日から会社に行かなくていい!

 

そのときの私は浮かれていました。長期休暇をいただいた

気分でした。

 

 1.うつ病の理解不足

1日中インターネットサーフィンや

テレビゲームして遊んでてもいいんだ!

 

そんな楽観的な、本当にアホと言えるまで楽観的な考えでした。

 

しかし、現実は甘くなかった・・・。

 

2.実際に休職となった結果

今までは微熱があろうが少し具合が悪かろうが会社員なのだから

会社に這ってでも行かなければいけないというのが信念でした。

お給料をいただいている以上、労働の対価は支払わなければならない。

そんな考えで勤めていました。

 

その前提が崩れた瞬間、私の身体は完全に崩壊しました

4年分の疲労が一気に身体へ

襲い掛かってきたのです。

 

日中は完全に寝たきりの状態になりました。

例えるなら高熱のないインフルエンザにかかったような感覚でした。

骨の髄が痛むといって、お分かりいただけるでしょうか。

腕・脚の中心部が痛む感覚に襲われ、全身も倦怠感がすごく

1日中寝てる状態でした。

日中の薬を服用し睡眠を続け体を休め、夜は眠れないから

睡眠導入剤で無理やり寝ることの繰り返しでした。

 

うつ病は甘え

 

実際に自分がかかるまでそう思ってましたが自分が患者になって

理解できました。

 

うつ病って病気じゃん。。