うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

自立支援医療制度について

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180610230908j:plain

平成29年10月18日の診察から次の診察までの1週間の体調は

大きく変わりませんでした。

1日2~3時間しか活動できないのは相変わらずでした。

 

 1.10月ころの生活を振り返る

とにかく当時の薬を服用していると

 

眠くなる・・・。

 

つまり薬の効能で、休みなさいよと脳が信号を

送り続けていたのだと思います。

医師からも

 

『眠くなってしまったら日中も寝てしまいなさい。』

 

と指示を受けていました。

処方されていたお薬は下記の記事下部をご参照ください。

 

doita0705.hatenablog.jp

 

 

初診の時に9日分もらった薬を服用してるときも同様でしたが

眠くなります。

 

高速道路で営業車を運転中に眠くて、

本当に怖い思いをしました。

 

薬の処方明細に眠気が強くなる恐れがあるので

運転などの行為はご遠慮下さい。

 

と書いてありますが、もっと強い言葉で止めて欲しかったですね。。

自己責任ですが。。

事故しなかったので良しとしましょう。

 

2.自立支援医療制度について 

さて、前置きはこれぐらいにして今回は

 

自立支援医療制度

 

について軽く触れておきたいと思います。

知らないと損するお話です。

  

 

2.1 自立支援医療制度とは

簡単に説明すると、自立支援医療制度というのは

心や身体の障害を取り除いたり

負担を軽減したりするための医療にかかる費用を

公費負担してくれる制度です

 

詳しくは厚生労働省のページに記載されてありますので、

そちらを参照いただければと思います。

 

www.mhlw.go.jp

 

自分が対象になるかどうかは居住地の市区町村役所へ問い合わせてみてください。

 

2.2 制度を利用すると治療費が免除される

受給者証が交付されるまでは医療費は自費で立て替えをしておきます。

領収書を取っておいてその領収書を持って、役所に行くと

返金手続きができます。

約1か月後に振り込みで返金されたと記憶しています。

 

すでに数か月前のことなので記憶があいまいです。申し訳ありません。。

 

一部、病院の窓口で返金してくれた分もありました。

障害者医療費受給者証が手元に届いてた状態で、

領収書を病院窓口で出すと返金してくれた分もありました。

 

 

何かに書き留めておけば良かったのですが、

当時はそんな心の余裕も、身体的な

余裕もなかったのでご容赦ください。

 

今現在もまだ通院中ではありますが、

薬のおかげでブログを書けるほどに回復しています。

 

私は運が良かったほうです。早めの段階にうつ病の診断を

いただけたことと、自分と相性の良い医師に巡り会えたことは

幸運だったと言わざるを得ません。

 

この最初のステップで苦労されるうつ病患者さんやうつ病予備軍の方も

たくさんいらっしゃると思います。

そんな中で私はセカンドオピニオンを求めたり、心理カウンセラーを

探したりすることをしなくてもよかったのは幸運だと思っています。

 

今現在、うつ病治療中の方やうつ病の可能性が

ある方の参考などになればと思いながら

このブログを更新しています。

 

私のブログが1人でも多くの人たちの役に立てれば幸いです。