うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

国家資格公認心理士の誕生について思うこと

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

 

f:id:doita0705:20180715082415j:plain

どうも。dota075です。

横浜の実家に帰省中なのですが、暑いですね。

でも、実家はいいです。落ち着きます。

 

 

1.昨年(2017年)国家資格の公認心理士制度が誕生

f:id:doita0705:20180715082509j:plain

2017年9月15日に施工された「公認心理師法」に基づき、

国家資格の公認心理士制度が誕生しました。

  

遅い!!

 

と個人的には、思わざるをえません。

※公認心理士制度の誕生に伴って今までの臨床心理士が公認心理士より

劣るとは、私は思っていません。

 

公認心理士へなることについて興味・感心がある方は下記のページを

参照ください。

successbeginstoday.org

 

2.国家資格の公認心理士誕生で期待すること

f:id:doita0705:20180715082742j:plain

すでに自立支援医療費制度があるので、いままでどおり

メンタルクリニックへの通院で、自己負担が少なることは

過去に記事に書きました。

 

doita0705.hatenablog.jp

 

私が期待しているのは、現在自己負担となっている

カウンセリング治療費の補助制度の誕生です。

 

国が資格制度を新たに設けたのならば、その有資格者たちには

カウンセリング治療をメインに行ってもらい、せめて

 

健康保険の適用はしてほしい。

 

というのが私の望みです。

 

3.始まったばかりの制度

f:id:doita0705:20180715082713j:plain

この公認心理士の資格の誕生したばかりです。

果たして患者の我々が、公認心理士に診てもらえる

日が最短でいつになるのか不明です。。。

 

しかし、国家資格が誕生したことにより前述した

カウンセリングの保険適用がされる日が、

やってくるのではないかという期待は

押さえきれません。

 

P.S.

横浜の実家へは車で帰ってきました。

息子に車の中で暴れられると面倒なので

ポータブルDVDプレーヤーで

きかんしゃトーマスを見せることに

しました。

 

子どもむけのDVDですが、意外に

大人でも関心できたり、新たな発見があったりと

侮れません。

 

うつ病のときは集中してテレビを見るのも

つらいですが、きかんしゃトーマス

1話=15分なので、短いです。

 

「なんも観たいDVDないな~・・・。」

 

なんてときには、子ども向け短編番組が

意外にオススメです。