うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

まだまだあった。うつ病の兆候

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180610231004j:plain

忘れもしない2016年1月。
1か月の残業時間が100時間を超えて、疲労困憊の末に

居眠り運転をして交通事故を起こしました。

これはまた肉体的に良くないと思って前回とは違う

内科を受診しました。

 

 1.初めての心療内科の受診

そこは心療内科とも看板を出していたので

安心して受診できました。

自分的には気胸なのではという疑問も出てきたりして、

この時はレントゲン撮影も行いました。

 

レントゲン撮影までしてもらいましたが、

異常はありませんでした。

 

じゃあ、何が原因かというと

心因性のストレスが大きいとの診断でした。

うつ傾向にあるとのことだったので、

1週間まとめて仕事の休みをもらいました。

このときの診察で処方された薬は下記の鎮痛剤のみでした。

 

ロキソニン錠60mg

毎食後:1日3回5日分

 

2. 2回目の診察

5日後に再度診察のため病院へ行きました。

ちなみに前回とは違う医師に診察してもらうことになりました。

心因性ストレスによる痛みなんだから、

同じ医師に診てもらいたいと思うのは患者のワガママでしょうか?

 

f:id:doita0705:20180610230227j:plain

鎮痛剤を飲めば痛みは治まることが分かったけど、

ストレスによるものだから職場環境を変えるなり

業種を変えてもらわないと解決はしない

とのお話で終わりました。

 

お薬は下記の漢方薬に変わりました。

ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒(医療用)

毎食後:1日3回14日分

 

3.漢方薬による治療

 漢方薬だから効能が出るまでに期間がかかるという理由で

2週間分処方されたと記憶しています。

 

この2週間の間に人事異動で別な部署へ異動が決まり、

胸の痛みや判断力低下などの諸症状は収まりました。

部署ごとで残業時間が違いすぎるのが

今、休職している会社の特徴です。。。