うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

今週のお題「2018年上半期」を振り返ってみる

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180610231137j:plain

今週のお題「2018年上半期」

ということで振り返ってみたいと思います。

1.絶好調と勘違いしていた上半期前半

1月から2月初旬にかけてはスーパー躁状態で、かなり動き回ってた。

結果として3月は寝込むことになりました。

私って、ほんとバカ・・・。

※分かる人には分かるネタ

 

doita0705.hatenablog.jp

 

2.限界ギリギリのラインを見極めて行動する

f:id:doita0705:20180613000530j:plain

健常者でなくなったことによって、

体力・気力ともに限界が下がってしまったのを許容することにしました。

自分は精神病患者と自覚を持って行動をするようになりました。

でも、たまに一線を超えて寝込むことや体調を崩すことがあります。

 

寛解っていつになるんでしょうか・・・?

 

3.まとめ

下半期もこの病気と付き合っていくことになると思います。

おそらく一生涯つきまとうことになるのは、間違いありません。

 

例えるならば、まず今までのメンタルを受け入れるステンレスの

コップが砕けてしまった。そのステンレスのコップにはストレスが

蓄積されていくものだったとします。

では、うつ病となった今必要なことは砕けた破片を片付けて

新たにコップを作ることが必要です。

 

そうして出来上がったコップはおそらく以前より、弱いモノに

なると思います。容量も前より小さくなってます。

これにどうやって、ストレスを注いでいくかが今後の課題です。

 

下半期も寛解に向けて努力します。