うつ病との向き合いかた

うつ病との向き合いかた

うつ病に罹患してその体験談を語っています。その日々の体調だったり、処方された薬を公開しています。

休むことも 生きること

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 健康ブログ 認知行動療法へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 闘病記(現在進行形)へ

f:id:doita0705:20180613214823j:plain

最近では、体調も回復してきて読書ができるようになってきました。

なので自分の病気を理解するためにも、うつ病関連の本を

テキトーに選んで読むことを始めました。

 

 

 

今回の紹介する作品は幻冬舎から出版されている

丸岡いずみさん著作の

『休むことも 生きること』です。

 

表紙に書いてあるうつ病フラグの回収率が高い私

頑張る人ほど気をつけたい12のフラグとあります。

その12のフラグに私は8つ該当しました。。

 

なるべくしてうつ病になったのだと、この本を読んで

 私は再認識しました。

 

本を読んでみての感想

冒頭から暴露するけど、小学生の頃にあった読書感想文って

大嫌いでした。

ご両親がうつ病に理解があり、職場の上司も優しいとても

いい人だと本著を読んで感じました。また丸岡さんが当時交際していた

お相手もうつ病を理解しようと勉強されていたようです。

 

確かにこの環境は恵まれているといえるでしょう。

2018年現在うつ病は病気としての認知度は過去に比べると

上がったと思います。しかし、一方で正しい知識と理解を

している人はまだまだ少ないと思います。

そんな中で丸岡さんの置かれた環境は恵まれていたと言えます。

 

私の場合も恵まれているほうです。現在、私は妻の実家に同居しています。

妻はアメリカ留学経験があり、その時期に軽いうつ病だと現地で

診断を受けています。

 

また妻のお父さんも軽度のうつ病に罹患しています。

日中寝たきりで昼夜逆転など生活リズムが安定せず、

そのため日によって体調が良かったり悪かったりします。

このような生活環境なので、同居している家族はうつ病に対して

ある程度の理解を示してくれています。

 

反対に周囲の理解も得られず、支えてくれる人も全くいない人に

とっては、あまり心に響かない内容かもしれません

 

私も丸岡さんと同様に恵まれた環境にいるのです

 

だから同じ恵まれた環境にいる私にとって、本著は非常にためになりました。

なぜうつ病になってしまったのかを再認識することができましたし、

医学的な内容も分かりやすく解説してありとても勉強になりました。

 

もし、うつ病になって回復して読書ができるようになったら

読んでみることをオススメします。

また家族や恋人・友人がうつ病になって、うつ病について

知りたいと思った際に最初に読む本としては本著は大変オススメできます。

事前知識が全くなくても理解できる本です。

 

 

休むことも生きること 頑張る人ほど気をつけたい12の「うつフラグ」 [ 丸岡いずみ ]

価格:1,188円
(2018/6/13 21:51時点)